2019シーズン58日目@遠征第4弾志賀高原

  • 2019.05.02 Thursday
  • 09:01

今日のお天気は晴れ、のはずですが、

今朝5時の時点では、黒い雲に覆われ、お山の上は見えません。

 

でも、予報を信じ、志賀高原高天ヶ原を目指して山を上りました。

まだ6時前ですが、早朝練習のため、レーサーの皆さんが続々と集まってきます。

コーチは誰かな? YNGWさんとOISさん、ここでもお馴染みのお二人でした。

お天気はこの通り、濃い霧です。

 

生憎なお天気でも、ここの休憩室は有難いです。電子レンジまで置いてあって。

群馬のスキー場では考えられない設備です。

 

8時のリフト開始時間まで、ここでゆったり朝ごはんミーティング。

 

それではこれからハードなスキー三昧スタートします。

 

お天気は回復し、霧もすっかり晴れました。

ここ2年間は雪不足で志賀合宿はおあずけとなっていましたが、

今年はこの通り雪たっぷりあります。

例年は、真ん中に島が出来ているんですが、

令和の高天ヶ原のゲレンデは広いですよ。

 

なつこも2年ぶりの志賀スキーに朝からご機嫌です。

思いっきりリベンジしてください。

 

スタート地点は絶景です。

ゲレンデも広いし、人少ないし、丁度いい硬さのバーン。

やっぱり志賀高原いいね。

 

スタートは3名でしたが、ちょっと遅れてICKWさんが登場。

パイセンも来る予定でしたが、足の具合が良くないとのことでお休み。

 

午前中はここで大まわり練習。

丸沼に比べると、はるかにスピード出ます。

18本くらい滑ったかな?初日からこんなに滑っちゃって大丈夫?

 

そして10時45分。早めのお昼休憩です。

チャーハンを楽しみにしていましたが、

レストランのあるホテルは、受験生の缶詰勉強会のため貸切。

仕方なくお隣のホテルへ。

ここはやっぱり大きなエビフライ付のハンバーグ定食でしょう。

ところがなんと品切れ中(><;

どーしよう食べるものがない!!

悩んだ挙句のモツ煮定食。

 

1時間半ほど休憩して、午後は一の瀬のゲレンデへ。

こちらも全面真っ白です。

相変わらず手ごわいバーンですね。

午前中ならもっと滑りやすいと思いますが・・・

 

前回来た時には完走すら怪しかったなつこは、

ずいぶん上達したよね。急斜面を余裕で滑り降りてきます。

 

お向かいのダイアモンドのゲレンデもいまだに健在。

 

 

塾長が急斜面攻略法を伝授しているのでしょうか?

 

私は午後になって足の小指が痛くてかなり消極的になりました。

どこか痛いと思い切って滑れないのでつまんなーい(><)

でも頑張って2時半まで一の瀬で小まわってきました。

 

そしてこの後事件が・・・

 

お片付けをしていたら、お猿さんが2匹現れました。

ここのお猿さん、凶暴につき近寄るべからず。

車のドアを開きっぱなしにしておくと、遠慮なく乗車するようですよ。

こんな近くで遭遇したのは初めてかも・・・

気をつけながら猿の行方を追うと、ICKW号に近づいていきました。

危ない!ICKWさん

すると2匹のお猿さんが乗り込んじゃったみたい。

慌てたICKWさん、近くにあったサンダルをお猿さんめがけて

全力投球してました。

普段は超温厚なICKWさんが超激怒してるのも初めて見ました。

 

そんなわけで、猿の脅威を味わいましたが、

幸い噛まれることも、食料を奪われることもなく無事に駐車場を出発できました。

 

スキーの後はお決まりの湯田中温泉。

そして宴会会場の山之内道の駅へ到着。

ここで店開きです。板のメンテも志賀合宿のお楽しみのひとつかな?

 

まずは一日目、まだ皆さんお元気です。

あ、ICKWさんは日帰りなんだけど、なんとお家まで7時間かかったそうです。

佐久あたりで事故渋滞にまんまとはまったんだって。

高速使って7時間は勘弁してほしいよね。

 

今夜も早寝いたします。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM